転職サイト














転職サイトおすすめ










































就職shop







リクルートキャリアが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービス




20代 第二新卒・既卒・フリーター・社会人経験がなくても正社員就職をサポート




◎書類選考なし




学歴や資格ではなく・人柄や意欲を評価する企業のみ




◎担当者が企業のこと、仕事内容を直接丁寧に取材。給与や職種のような基本的な情報だけでなく、




職場の雰囲気や具体的な働き方なども紹介






◎一般的に若手で採用されやすい営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数あり









就職shop 詳細はこちら






https://www.ss-shop.jp/














JAC Recruitment-ジェイエイシーリクルートメント-








英語を活かす仕事・外資系企業・海外への転職に強いJAC Recruitment Group




年収800万円以上の求人多数




650人以上のコンサルタントが転職をサポート




希望の業種・職種別に転職支援のプロフェッショナルがバックアップ




今すぐ転職を考えていなくても、今より良い求人があれば転職したい・時間がなく電話で面談したいなど




個人の希望に合わせたカウンセリングが可能







ジェイエイシーリクルートメント・無料転職相談はこちら






https://www.jac-recruitment.jp/












リクルートエージェント







転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1









一般公開している求人・非公開求人含め・10万件以上の転職求人情報







※応募が殺到しすぎるお宝求人・企業戦略上一般公開できない重要求人・非公開にせざるを得ない魅力的な求人も多数)







各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介







求人の紹介だけではなく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポート








リクルートエージェント 無料転職相談はこちら







http://r-agent.com/









まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT・スカウト機能を利用すれば企業から直接オファーがくる場合もあり







リクナビNEXT・無料登録はこちら













DODAエージェントサービス




転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した



専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、



万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス






DODA 無料転職相談はこちら






https://doda.jp/











パソナキャリア





正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から





キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス




業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人







パソナキャリア 無料転職相談はこちら







http://pasonacareer.jp/





























































転職サイト 20代 正社員 男性におすすめエージェント

人材・職業紹介サービスとか派遣会社なんかは、クライアント企業に紹介した人が早く離職してしまうなどの失敗があれば評価が悪くなる。だから企業のメリット及びデメリットを全て正直に聞けるのである。
「あなたが入りたいと考えている企業に臨んで、自分自身という人的材料をどれほどりりしく将来性のあるようにプレゼンできるか」という能力を養え、ということが肝心だ。
どうしても日本の企業で体育会系の部活出身の人がよしとされるのは敬語をちゃんと使えるからだ。体育会系のほとんどの部活動の世界では、上下関係がきちんとしており、意識しなくても身につくものである。
伸び盛りの成長企業であっても、100パーセント将来も何も起こらないということではない。だから企業を選ぶときにそこのところについても慎重に情報収集するべきである。
【就職活動のために】面接選考では不採用になったとしても終了後にどこが足りなかったのかについて応募者にわざわざ伝えてくれる親切な会社はまずない。だから応募者が自分で直すべきところをチェックするという作業は非常に難しい。
もう関心ないからというといった見方ではなく、苦労してあなたを受け入れて内約まで受けられた会社に対して真面目な応対を心に留めましょう。
人事担当者との電話対応だって大切な面接試験の一環と意識して対応しましょう。反対に見れば、採用担当者との電話の対応や電話のマナーが相手に合格であれば同時に評価も上がるのだ。
【就活Q&A】電話応対であっても大切な面接試験であると認識して対応しましょう。逆に言えば、そのときの電話対応や電話のマナーが認められればそのおかげで評価も上がるというふうになる。
実際、就職活動をし始めたころ、「絶対やってやるぞ」と思っていたにもかかわらず、何度も採用されないことばかりで、このごろはすっかり会社の説明会に行く事でさえ行きたくないと感じて行動できなくなっています。
正直なところ、就職活動を始めたときは「採用されるぞ」と思っていたのだが、何度も悪い結果ばかりが続いて、このごろはもう会社の説明会に行く事でさえできないと感じて行動できなくなっています。
やっとこさ用意の段階から面接のフェーズまで長い階段を上がって入社の内定まで行きついたというのに、内々定が出た後の態度を抜かってしまってはせっかくの努力が無になってしまいます。
外資系企業で仕事に就いている人はさほど珍しくない。外資系企業に就職するというと、かつては中途採用のすぐさま戦力となる人を採用する雰囲気でしたが、最近では新卒の社員を入社させることに好意的な外資系も目に留まるようになってきている。
本当のところ就職活動をしていて応募者側から応募希望の会社に電話をかけるということはほとんどなくて、応募先の会社がかけてくれた電話を取らなければならない場面のほうが多くあるのです。
「就職超氷河期」と初めて銘打たれた時の若者たちは、報道される事柄や世間の感覚にどっぷり浸かる内に「仕事があるだけで貴重だ」などと働く場所を固めてしまった。
現段階では志望する会社ではないかもしれないですが、現在募集しているここ以外の企業と鑑みてほんの少しでも長所だと感じる部分はどこにあるのかを考察してみて下さい。